« 田中英道先生と行く「歴・思の旅」第7回目黒を巡る旅 | トップページ | 田中英道の「歴・思の道」 第2回 芸術・文学との出会い »

田中英道の「歴・思の道」 第1回 ルーツ

美術史家・歴史家で東北大学名誉教授の田中英道先生の番組を始めます。

美の探求者であり、歴史家・思想家である田中先生に
これまでの「道」を語って頂きます。

Dscf1162

< プロフィール >
1942年 東京都生まれ。
東京大学文学部フランス文学科卒業

東北大学名誉教授
国際美術史学会副会長
ボローニャ大学客員教授
新しい歴史教科書をつくる会 前会長

今回のお話の内容は、
・ルーツは南国・薩摩の血。
・薩摩という風土の特徴とは。
・信念を貫く性質は先祖譲り?
・時代の記憶:目黒の推古園の海軍宿舎で見た米兵。
・日本人が理解していた歴史の連続性:
 戦後の日本には敗北感がなかった。
・連合軍は日本での本土決戦を避けた。
・子供の時に植え付けられた「外国といかに対抗するか」
です。

色々な思慮を得ることができる11分半です。ぜひ聴いてみてください。

< 第165回 田中 英道さん  >

< 田中先生の著書 >
「やまとごころ」とは何か―日本文化の深層 (MINERVA歴史・文化ライブラリー)著者:田中 英道

「やまとごころ」とは何か―日本文化の深層 (MINERVA歴史・文化ライブラリー)

レオナルド・ダ・ヴィンチ 芸術と生涯 (講談社学術文庫)

著者:田中 英道
レオナルド・ダ・ヴィンチ 芸術と生涯 (講談社学術文庫)

法隆寺とパルテノン―西洋美術史の眼で見た、新・古寺巡礼

著者:田中 英道

法隆寺とパルテノン―西洋美術史の眼で見た、新・古寺巡礼

|

« 田中英道先生と行く「歴・思の旅」第7回目黒を巡る旅 | トップページ | 田中英道の「歴・思の道」 第2回 芸術・文学との出会い »

保守思想」カテゴリの記事

田中英道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田中英道先生と行く「歴・思の旅」第7回目黒を巡る旅 | トップページ | 田中英道の「歴・思の道」 第2回 芸術・文学との出会い »