« 東大名誉教授 伊藤隆先生が語る「文化の視点からの教科書創り」 | トップページ | 「こだわりの教科書できました!」育鵬社 大越編集長にきく!その12 »

東大名誉教授 伊藤隆先生が解説する!東大2次 日本史のポイント

Dscf1219

<プロフィール>
1932年 東京生まれ。
東京大学文学部国史学科卒。
東京大学名誉教授。
専門:日本近現代史
「新しい日本の歴史」編集会議 座長

東大名誉教授、近現代史専門家の伊藤隆先生に
1987年 第4問を解説して頂きました。

『第一次世界大戦の際の日本をめぐる国際環境と第二次
大戦のそれとを比較し、その相違点を5行以内で述べよ。』

今回のお話の内容は、
・ポイント:国際環境に日本を含めるべし。
・第1次世界大戦の際の日本の国際環境。
・ポイント:同盟関係を押さえるべし。
・第2次世界大戦で日本が同盟国を無くした理由。
・アメリカが日英同盟を潰した理由。
・日・独・伊三国同盟は、実は四カ国同盟だった?
 ドイツの使者が三国同盟の際に約束したこと。
・欧米諸国と中国との関係。
・尾崎行雄「戦争は好機である」発言の意味。
・独・伊・日、脱原発三国同盟は危険?
 ドイツとイタリアが脱原発宣言できる本当の理由。
です。

問題の作成者であり採点者が東大入試を解説します。
9分ほどですので、ぜひ聴いてみてください。

< 第248回 伊藤 隆先生 >

参考資料:

新しい日本の歴史―こんな教科書で学びたい

新しい日本の歴史―こんな教科書で学びたい
著者:伊藤 隆 他

|

« 東大名誉教授 伊藤隆先生が語る「文化の視点からの教科書創り」 | トップページ | 「こだわりの教科書できました!」育鵬社 大越編集長にきく!その12 »

伊藤 隆」カテゴリの記事

保守思想」カテゴリの記事

育鵬社の歴史・公民教科書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東大名誉教授 伊藤隆先生が語る「文化の視点からの教科書創り」 | トップページ | 「こだわりの教科書できました!」育鵬社 大越編集長にきく!その12 »