« 教育評論家 石井昌浩先生にきく!「教育ってなに?」その4 | トップページ | 教育評論家 石井昌浩先生にきく!「教育ってなに?」その6 »

教育評論家 石井昌浩先生にきく!「教育ってなに?」その5

教育評論家の石井昌浩先生にお話を伺いました。

Photo

< プロフィール >
1940年 山形県生まれ。
17歳で高校中退し、単身上京。
早稲田大学法学部卒業後、東京都庁に就職。
都立教育研究所次長、国立市教育長を経て
東京造形大学講師。
日本教育再生機構副理事長

今回のお話の内容は、
・教科書問題のポイント3つ。
・全国に30万人!全共闘合わせると40万人!
日教組は下火の嘘。
・教育委員会と文科省は敵対関係の嘘。
・「GHQはシナリオライター・日教組は役者文部省と
教育委員会は監督」の関係で戦後教育は創られた。
・戦後教育のシナリオは『アメリカ教育使節団報告書』
・報告書の中で唯一実施されなかった事は”日本語の廃止”


8分ほどですので、是非お聴きください。

参考文献:

新しいみんなの公民―こんな教科書で学びたい

新しいみんなの公民―こんな教科書で学びたい

|

« 教育評論家 石井昌浩先生にきく!「教育ってなに?」その4 | トップページ | 教育評論家 石井昌浩先生にきく!「教育ってなに?」その6 »

保守思想」カテゴリの記事

教育ポッドキャスト」カテゴリの記事

育鵬社の歴史・公民教科書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育評論家 石井昌浩先生にきく!「教育ってなに?」その4 | トップページ | 教育評論家 石井昌浩先生にきく!「教育ってなに?」その6 »