« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

科学の限界、科学の可能性〜村上和雄先生が語る生命科学③

Murakami_2

12月7日に育鵬社から新刊「幸せの遺伝子」を
出版された村上和雄先生に科学のお話を伺いました。

今回のお話の内容は、
・遺伝子が可能にする”オーダーメイド医療”
・村上先生の最新研究は「笑いと遺伝子」
・遺伝子のオンとオフとは。
・遺伝子はデリケートである。
・オンがいい遺伝子。オフでいい遺伝子。
・心は遺伝子に影響を与える。
・仮説は真理に近づくためのプロセスである。
・科学の限界:地震は余地できない。
です。

10分弱です。是非お聴きください。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »