« 西 久美子と読む「日本書紀」第2回 仁徳天皇② | トップページ | 「科学はカルチャーである」〜村上和雄先生が語る生命科学⑥ »

”利他的”遺伝子が調和を創る〜村上和雄先生が語る生命科学⑤

Murakami_2

昨年12月7日に育鵬社から新刊「幸せの遺伝子」を
出版された村上和雄先生に科学のお話を伺いました。

今回のお話の内容は、
・地球人口の9千倍!60兆の細胞同士、なぜ喧嘩が起らない?
・素朴な疑問!細胞にも人格はあるもの?
・仮説:利他的遺伝子が存在する。
・人間も細胞も利己的だけでは生きられない。
・死のプログラムが長生きを創る。
です。

7分ほどです。是非お聴きください。
http://media.jpni.jp/nkumiko/120216murakami.mp3

|

« 西 久美子と読む「日本書紀」第2回 仁徳天皇② | トップページ | 「科学はカルチャーである」〜村上和雄先生が語る生命科学⑥ »

育鵬社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西 久美子と読む「日本書紀」第2回 仁徳天皇② | トップページ | 「科学はカルチャーである」〜村上和雄先生が語る生命科学⑥ »