« 左翼は高慢である:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (8) | トップページ | 最悪の事態は電力無しの震災後:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (10) »

現憲法の2つの欠陥:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (9)

2013年7月21日の参議院議員選挙に当たって
日本研究所所長の鴨下豊がお話しました。

今回のお話のテーマは
『強くイメージして欲しい、死に床にいる自分を』
後悔しない人生のために鴨下豊が伝えたいこと。

今回のお話の内容は、
・瞬々刻々と迫り来る「死」に向かい合う大切さ。
・死が迫り来る自分から生の声を貰う。
・人生の豊かさを創るものは行動である。
・現憲法の欠陥①マスコミの不在。
・一新聞社が内閣総理大臣の首をとれる。
・現憲法の欠陥②国民主権。
国民の決定が必ずしも正しいとは限らない。
→判断を間違ったときに責任を取るのは誰か?
・マスコミの情報統制が国民の意向をコントロールできる危険。
・麻生太郎氏へのマスコミバッシングにのったことを反省すべし。
です。

7分半の渾身のメッセージです。ぜひ聴き下さい!

石原慎太郎公式サイト「宣戦布告」
http://www.sensenfukoku.net/

日本研究所
http://jpni.jp/

|

« 左翼は高慢である:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (8) | トップページ | 最悪の事態は電力無しの震災後:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (10) »

保守思想」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/52503685

この記事へのトラックバック一覧です: 現憲法の2つの欠陥:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (9):

« 左翼は高慢である:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (8) | トップページ | 最悪の事態は電力無しの震災後:やむにやまれぬ気持ちで話す。これだけは聞け!”ありがとう 石原慎太郎さん” (10) »