« 田中英道先生のフォルモロジー入門 第5回 『天皇』も日本の形である | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「憲法が描き出す世界は幻想である」 »

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「国政の権威は国民に由来する」

今回とりあげるのは、
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は
国民に由来し
、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利
は国民がこれを享受する。(前文より一部抜粋)

今回のお話の内容は、
・日本の権威は国民にはない。
・皇室の偉大なる権威!江戸期、徳川270万石の権力に対して、皇
室は1万石の権威で均等を保ち得た。
・前文に書かれたものは皇室否定・日本否定、革命主義思想である。
・日本の権威は皇室にある。
・国会は天皇のご臨席がなくては開会できない。
です。

5分弱で(占領)憲法の問題点がよくわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

|

« 田中英道先生のフォルモロジー入門 第5回 『天皇』も日本の形である | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「憲法が描き出す世界は幻想である」 »

保守思想」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/52837569

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「国政の権威は国民に由来する」:

« 田中英道先生のフォルモロジー入門 第5回 『天皇』も日本の形である | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「憲法が描き出す世界は幻想である」 »