« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」 | トップページ | Kumichannel #6 『真っ赤な太陽』 »

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「思想及び良心の自由」

今回とりあげるのは、
思想及び良心の自由は、これを侵してはならない(十九条)

今回のお話の内容は、
・美しく、”最もさ”を感じるものこそ実は恐ろしい。
・オールマイティな力を持つ国民の思考が全て正統化されたら
どうなるのか?
・思想の自由が国民主権と結びつくととんでもないことになる。
・大量虐殺が正統化される・・・・・共産主義思想の恐ろしさ。
・今の日本が保たれているのは、天皇がいらっしゃったから。
です。

3分で(占領)憲法の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

|

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」 | トップページ | Kumichannel #6 『真っ赤な太陽』 »

保守思想」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/52908061

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「思想及び良心の自由」:

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」 | トップページ | Kumichannel #6 『真っ赤な太陽』 »