« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「憲法が描き出す世界は幻想である」 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」 »

68回目の終戦祈念日にあたって〜日本研究所所長鴨下豊談話

68年目の終戦祈念日に当たって、日本研究所所長の
鴨下豊がお話しました。

今回のお話の内容は、
・終戦祈念に当たって、自らの”死”を思い起こすべし。
・南京大虐殺はデマである。
・従軍慰安婦は存在しない。強制連行もデマである。
・国連は「アメリカを中心とした戦後体制の下で」平和を
維持するためのものである。
靖国神社は日本の強さの根幹である。
・日本無力化のための情報操作が働いている。
日本にとって最悪のシナリオは、アメリカとシナが手を組むこと
そのためには戦後国際関係の再構築が急務である。
・プラス?マイナス?”アメリカとは何か?”を再考すべき。
・核武装はオールマイティな力を持つ。
日本の核武装が絶対必要である。
・情調的な平和主義は有害である。
・国際関係の再構築。円を基軸通貨にすべき。
・問題は解決できるもの。自国の問題は自力で解決すべし。
です。

12分間の渾身のメッセージです。ぜひ聴き下さい!

日本研究所
http://jpni.jp/

|

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「憲法が描き出す世界は幻想である」 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」 »

保守思想」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/52503718

この記事へのトラックバック一覧です: 68回目の終戦祈念日にあたって〜日本研究所所長鴨下豊談話:

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「憲法が描き出す世界は幻想である」 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」 »