« 68回目の終戦祈念日にあたって〜日本研究所所長鴨下豊談話 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「思想及び良心の自由」 »

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」

今回とりあげるのは、
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。 (一条)

今回のお話の内容は、
・占領憲法は国民に幻想を植え付ける。
・天皇陛下信任の選挙はこれまで行われていないのに、
「日本国民の総意に基づく」とはどういうことか?
・天皇は憲法の枠におさまる存在ではない。
・天皇とは「地位」か?
・天皇は人工的にできた存在ではない。
・現憲法は社会をおかしくする。
です。

2分半で(占領)憲法の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

|

« 68回目の終戦祈念日にあたって〜日本研究所所長鴨下豊談話 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「思想及び良心の自由」 »

保守思想」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/52900788

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「天皇の地位は国民の総意に基づく」:

« 68回目の終戦祈念日にあたって〜日本研究所所長鴨下豊談話 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「思想及び良心の自由」 »