« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「平和を愛する諸国民」 | トップページ | 田中英道先生のフォルモロジー入門 第5回 『天皇』も日本の形である »

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「国民主権」

今回とりあげるのは、
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行
動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成
果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府
の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすること
を決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確
定する。(前文より一部抜粋)

今回のお話の内容は、
・国民は全て正しくはない。
・主権=オールマイティな力。
・主権論は危険思想である。
・国民主権は共産主義思想。社会を壊すもの。
・ゆとり教育で学力が低下すると、国民をコントロールしやすくなる。
・憲法策定者の意図は「愚民化」である。
・考えよう。日本の憲法の原文はなぜ英語か?
です。

5分弱で現(占領)憲法の問題点がよくわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

|

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「平和を愛する諸国民」 | トップページ | 田中英道先生のフォルモロジー入門 第5回 『天皇』も日本の形である »

保守思想」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/52827750

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「国民主権」:

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「平和を愛する諸国民」 | トップページ | 田中英道先生のフォルモロジー入門 第5回 『天皇』も日本の形である »