« Kumichannel #6 『真っ赤な太陽』 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「両性の本質的平等」 »

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「相続税は財産権の否定である」

今回とりあげるのは、
1.財産権は、これを侵してはならない。
2.財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、
法律でこれを定める。
3.私有財産は、正当の補償の下に、これを公共の
ためにこ用いることができる。
(日本国憲法二十九条)

今回のお話の内容は、
・相続税は財産権の否定である。
・相続税は国民を貧乏にするための手段である。
・財産は文化や伝統継承の源である。
・谷崎潤一郎氏が偉大な作家になり得た理由は財産を
持っていたからである。
・国民が貧乏になると、喜ぶ人は誰か??
・財産を尊重することで、国は繁栄する。
・財産は悪か?富める者は悪者か?
・財産は国を発展させるために用いるべし。
です。

5分半で(占領)憲法の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

|

« Kumichannel #6 『真っ赤な太陽』 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「両性の本質的平等」 »

保守思想」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/52944011

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「相続税は財産権の否定である」:

« Kumichannel #6 『真っ赤な太陽』 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜(占領)憲法のここがおかしい「両性の本質的平等」 »