« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

”井本整体”松本先生の2013年10月の体

日本は四季のある国。
体のメンテナンスもその季節季節で変わってきます。

杉並区浜田山の松本整体整操室の
松本先生に『10月の体のケア』について
お話を伺いました。

今回のお話の内容は、
・秋口の体の特徴。
・秋と言えば『食欲の秋」その理由。
・秋口、トイレの回数が増える、その理由。
・夏から秋への変わり目は、首・肩凝りが起る、その理由。
・秋への変わり目への肩凝り・首の痛みへの対処療法は。
です。

5分間の健康講座です。季節の変わり目の健康管理にお役立てください。

杉並区浜田山 松本整体整操室
http://www.seitaihou.com/index.html

人体力学に基づく井本整体
http://www.imoto-seitai.com/index.html

参考文献:

実践!整体法入門―毎日の生活の中で手軽にできる「整体生活」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜富の本質と消費税・消費税反対論9

今回のお話の内容は、
・思想が全ての結果を決める。
・平等であらねばならない思想の結末は、不自由な世界である。
・国民負担率100%になると市場はなくなる。
・めざすべきは国民負担率は20%です。
・富を恥じた宮沢賢治の人生とは。
・富は幸せの元である。富の役割とは。
・貧乏は残酷な仕打ちを正当化する。
金持ちに更に富を増やしてもらうことで、社会は活性化する。
・ただ生存するためだけの社会で、あなたは満足できるのか。
貧しいと精神性が高い、は間違った思想である
・富に正しい考えを更に深めるべし。
です。

10分半で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜憲法とアメリカと消費税・消費税反対論8

今回のお話の内容は、
・アメリカはネイティブアメリカン(原住民)が創った国ではない。
アメリカという国の本質①。
・アメリカという国の本質②はGO WEST.日本は邪魔な国である。
「我こそ正義である」思想の反対は「我以外は全て悪魔である」
・日本を亡くす為のルールが「占領憲法」である。
・アメリカ様によって利益を得た人がマスゴミを創る。
20万人のパージで既得権益を得た人たちがいる。
・江藤淳「憲法は虚構の洗脳空間である」
・「金持ちは税金を払え」累進課税は不平等な思想である。
・占領憲法制定者が意図したもの・・・・・
平等思想の果てにあるものは、皇室の消滅である
です。

6分半で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜アメリカという国の本質・消費税反対論7

今回のお話の内容は、
・占領憲法を創ったアメリカ。その本質。
・原住民を殺戮したその方法。
インディアン・黒人・日本人の大殺戮・・・・・・・・
アメリカが正義の国であらねばならない、その裏側。
・正義を言わなければ国として成り立たない、
アメリカは国家としての犯罪者集団である。
・アメリカの本質を知り、アメリカと付き合うべし。
です。

6分強でアメリカという国の本質がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜一般歳出の半分が社会保障費!?消費税反対論6

20130916_130020_2

今回のお話の内容は、
・社会保障費が一般歳出の5割は正常値か。
・一般歳出=社会保障費になる日。
・税率84.3%のルクセンブルグに、日本は近づいている。
税率が高い国は元気がない
・税率20%では商売はできない。
社会保障費のための増税は、自由がない世の中を創る
・社会保障費の充実の根本思想は「人間は平等でなくてはいけない」という危険思想。
・目指すべき手本は外国ではない。
「昭和40年代の日本」である。
・軍事費は最高の福祉である。その理由。
・社会保障費の問題点は「何も生まない費用」
です。

10分半で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜社会保障の増大は亡国への道。消費税反対論5

今回のお話の内容は、
・社会保障費の増大は亡国への道、無限である。
・国民負担率が20%だった昭和40年代、日本は元気だった。
国民負担率 S45年24.3%、S50年30%、 H20年 40%
・消費税20%では商売が成り立たない。
・国際競争率=税率の低さ。税率が低い国に、企業が集まる。
・税率が上がると市場がなくなる。その先は・・・・。
・増税の思想の裏に潜む危険思想に気づくべし。
です。

8分半で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほどがってん寄席 第13回 道落亭かね平「お菊の皿」

Kanehei_3

<社会人落語家 道落亭かね平プロフィール>

職業:会社員/栃木県宇都宮市在住
落語をはじめたきっかけ:大学時代だまされて落研に入らされた。
好きな落語家:柳家権太楼
好きな噺:たくさんある…決められないな~
あなたにとって落語とは:健康の源

あっという間の30分です。ぜひお楽しみ下さい♪

(2013年8月24日第1回友の会寄席「社会人落語特選会」にて収録)

MC:二松亭ちゃん平
(茨城キリスト教学園中学校高等学校教諭)
http://www.icc.ac.jp/ich/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜日本ダメダメ論 自虐経済史観の真っ赤な嘘・消費税反対論4

今回のお話の内容は、
・デフレとは「お金はあるけど仕事はない」こと。
・1997年橋本内閣2%消費税増税をした後に何が起ったか。
家計の金融資産 1323兆円→1547兆円 +224兆円
名目GDP             523兆円→476兆円 -53兆円

増税が生み出したものは「お金はあるけど貧乏」
・日本国債は長期で安定した債券である。
・国の借金は、国民の試算である。
・安倍首相G8「消費税を伸びて行く社会保障費に対応していく」発言
から読み取れるもの。
・弱者を助ける為の増税の論理は危険思想である。
・29万の生活保護費でもまだ足りない、で国が滅びる。
・シナ経済と社会保障費は同類である。その理由。
・人間を平等にすることは、国を滅ぼす。
です。

10分半で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

参考資料:三橋貴明 『借金大国日本』財政赤字1000兆円!
でも実は世界一お金のある国 だった...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜増税に伴うリスク・消費税反対論3

今回のお話の内容は、
・デフレとは「お金はあるけど仕事はない」こと。
・1997年橋本内閣2%消費税増税をした後に何が起ったか。
家計の金融資産 1323兆円→1547兆円 +224兆円
名目GDP             523兆円→476兆円 -53兆円

増税が生み出したものは「お金はあるけど貧乏」
・財務省の「税制の弾性値1%」の試算は捏造である。
・税制の弾性値とは。
・もし消費税増税でGDPマイナス成長したら・・・・責任を取るのは誰か。
・回復基調の景気回復が消えた。
2011年イギリスが付加価値税(消費税)17.5→20%の増税。
・増税は国民すべてを貧乏にする。
です。

4分半で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

参考資料:デフレ期に増税をすると国民が死にます!〜橋本龍太郎の謝罪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kumichannel #7 『初恋』

日本の歌♪日本人の心を歌うKumichannel♪

今週熱唱しましたのは、
ご存知、村下孝蔵『初恋』(1983年)
作詞・作曲:村下孝蔵

ぜひご一緒に口ずさんでみて下さい♪

♪♪Kumichannel リクエスト&一緒に歌いたい人を大募集します♪♪

・Kumichanに歌って欲しい歌。
・一緒に歌いたい方。
・自分の熱唱を配信して欲しい方。
大大大募集!コメント欄にてお寄せください。
(コメント欄は非表示に致しますのでご安心くださいね。)

Cocolog_oekaki_2013_04_20_06_32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜消費税なんてなくせ!消費税反対論2

今回のお話の内容は、
・国の借金は国民の資産である。
・デフレとは「お金はあるけど仕事はない」こと。
・1997年橋本内閣2%消費税増税をした後に何が起ったか。
家計の金融資産 1323兆円→1547兆円 +224兆円
名目GDP             523兆円→476兆円  -53兆円

増税が生み出したものは「お金はあるけど貧乏」
・国家意識・歴史意識の薄い人間が愚策を生み出す。
です。

5分強で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜消費税なんてなくせ!消費税反対論

今回のお話の内容は、
・産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員の田村秀男氏
9月6日のブログより
『税率の引き上げ即ち社会保障財源の確保及び財政均衡」という
一見するともっともらしい名分が実は真っ赤なウソ』

・消費税を上げなければ、日本はギリシャのように経済破綻するの嘘。
『消費税を上げたら税収は減る』をひた隠す勢力がいる。
です。

4分弱で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

田村秀男の経済がわかれば世界がわかる
http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/3177802/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜失われた日本史・消えた任那の日本府

今回のお話の内容は、
・いつの間にか消えた『任那の日本府』
・発掘すると日本書紀通りにモノが出て来る。
『日本書紀』は客観的で正確な
・日本人は正史『日本書紀』を尊重すべし。
・古代日本はシナの属国だった?
いつの間にか歴史が変えられている恐怖。
・日本の歴史に立ち戻るべし。
です。

3分半で現代の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の文化は全てシナから生まれた!?〜田中英道先生に訊く!

今回のお話の内容は、
・まず考えるべきは、日本は島国文化である。
・縄文・弥生文化にシナの影響はなし。
日本は最初から独立した文明を持つ国はない。
・古墳文化(6C)はシナには存在しない。
・仏教が伝来する前に、シナの影響は全くない。
・文字を必要としない文化は低俗な文化ではない。
・日本には島国の独立した歴史・文化がある。
・漢字文化圏を同じ文明とみなすのは間違いである。
・「形」で文化を観るとみえてくるもの。
・島国の文化、大陸の文化。
・日本の文化は西南アジアの影響を受けている、と考えるべし。
・鑑真が6度目に来日した理由。日本には真の仏教理解があった。
・遣唐使より遣日使の方が渡航回数が多かった。
です。

10分半のお話です。文化の本質がよくわかります。

<参考文献>
ミケランジェロ:講談社学術文庫
フォルモロジー研究:美術社
美しい「形」の日本:ビジネス社
日本の文化 本当は何がすごいのか:育鵬社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜日本人は日本語を護れ!

今回のお話の内容は、
・福田恆存「私の国語教室」
言語が技術に制限されてはならない。
・基礎学力は国語である。
・日本語だけで最先端の学問ができる、日本語は優れた言語である。
・日本製「トロン」を標準のOSへ・・・・失われた「トロン」導入。
・優れた日本製トロンを日本人が否定?
これがマトリックスの世界である。
・漢文の風化、日本元来の言語を亡くしたい人たちがいる。
です。

5分半で現代の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

参考文献:
私の国語教室 (文春文庫)/文藝春秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜日本人の真の恥は”忘れ去られた遺骨収集”である

今回のお話の内容は、
・国の為に命を捧げた方の未だ進まぬ遺骨収集。
・遺骨収集は軍国主義の正統化か?
不要な議論は不要である。
です。

5分半で現代の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほどがってん寄席 第12回 火災亭珍歌 「大工調べ」

P8044643_2<社会人落語家 火災亭珍歌プロフィール>
職業 生損保代理店業
(有限会社保険ステーション代表取締役)
栃木県鹿沼市在住
落語をはじめたきっかけ:高校時代に落語研究会に
入部。
好きな落語家:たくさんいますが一人だけあげるなら
10代目金原亭馬生
好きな噺:たくさんありますが、ひとつだけなら5代目
柳家小さんの「粗忽長屋」
あなたにとって落語とは:最大の楽しみであり自分の
人生の一部。

宇都宮落語会「火災亭珍歌」の落語ブログ
http://chinkarakugo.jugem.jp/


(2013年8月24日第1回友の会寄席「社会人落語特選会」
にて収録)
MC:二松亭ちゃん平
(茨城キリスト教学園中学校高等学校教諭)
http://www.icc.ac.jp/ich/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中英道先生のフォルモロジー入門:「形」で観る名画 第7回 ミケランジェロ『階段の聖母子』

Seiboshi

国際的な美術史の権威であり、ミケランジェロ研究の第
一人者である田中英道先生にお話を伺いました。

今回のお話の内容は、
・大切なのは自分の目で観察すること。
・この絵の鑑賞のポイント:こちらを向いていないキリスト。
・従来の聖母子像とは。
・この絵の鑑賞のポイント:後ろの子供達をどう解釈するか。
・争う子供達が意味するものとは。
・この絵に見るフォルモロジーは逆プラトニズムである。
・キリストが目を背けたのは不調和な世界。
・階段の聖母子が示すもの。
・レオナルドの愛の形の否定をして、ミケランジェロが言い
たかった思想とは。
です。

システィーナ礼拝堂500年祭記念 ミケランジェロ展―天才の軌跡
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2013michelangelo.html 
9月6日〜11月17日 国立西洋美術館

<参考文献>
ミケランジェロ:講談社学術文庫
フォルモロジー研究:美術社
美しい「形」の日本:ビジネス社
日本の文化 本当は何がすごいのか:育鵬社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »