« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜アメリカという国の本質・消費税反対論7 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜富の本質と消費税・消費税反対論9 »

鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜憲法とアメリカと消費税・消費税反対論8

今回のお話の内容は、
・アメリカはネイティブアメリカン(原住民)が創った国ではない。
アメリカという国の本質①。
・アメリカという国の本質②はGO WEST.日本は邪魔な国である。
「我こそ正義である」思想の反対は「我以外は全て悪魔である」
・日本を亡くす為のルールが「占領憲法」である。
・アメリカ様によって利益を得た人がマスゴミを創る。
20万人のパージで既得権益を得た人たちがいる。
・江藤淳「憲法は虚構の洗脳空間である」
・「金持ちは税金を払え」累進課税は不平等な思想である。
・占領憲法制定者が意図したもの・・・・・
平等思想の果てにあるものは、皇室の消滅である
です。

6分半で消費税の問題点がよ〜くわかります。

日本研究所
http://jpni.info/

|

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜アメリカという国の本質・消費税反対論7 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜富の本質と消費税・消費税反対論9 »

保守思想」カテゴリの記事

政治・選挙」カテゴリの記事

鴨下 豊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126931/53277453

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜憲法とアメリカと消費税・消費税反対論8:

« 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜アメリカという国の本質・消費税反対論7 | トップページ | 鴨下豊の"言わずに死ねるか!〜富の本質と消費税・消費税反対論9 »